勝手口小り段からスロープに変更

着工前

段差の昇降に膝の負担が多く痛みに耐えながら昇降しておられます。

段数を増やし段差の軽減もご提案しましたが・・・・・。

完了後


ドアの開閉部の床をフラットにして、引き違い建具に支障のない所までのスロープにして、

床材は滑りにくいCFを使用しました。

また、手摺は側面の側板より2点支持とし有効開口も広がりました。

膝の負担が軽減しましたと喜んでおられます。


4回の閲覧