屋外手すりと段差の解消


工事前


通路から玄関までに手すりを希望されました。

タイルの所に手すりを設置すると、道幅が狭くなり通りづらくなることが予想されました。

アプローチ部分には段差があり、道幅いっぱいに手すりを取り付けては躓きの危険がありました。





工事後


門扉から玄関までの手すりを設置。

足元の段差部分もコンクリートで埋めて段差を無くしました。

段鼻部分のタイルが欠けていたところも、保険の対象外ですが一緒に補修しました。

手すりを設置してもアプローチ部分を広くとることができました。

2回の閲覧